Windows評価版を延長する

沿って | 4月 11, 2021

動作確認のため、評価OSを入れていたのを忘れ、そろそろ作業しようかな?と思った際、Windowsのライセンス認証を行ってください、という具合に、OSの評価期間が過ぎている場合があります。この場合、評価期間(タイマー)をリセットする、という方法があります。

これは、Windows 10、Windows Server 2019 とかのWindows OSで有効な方法です。

slmgr -rearm もしくは slmgr /rearm

この評価期間をリセットする方法は、Microsoft公式ページにも記載がある正規コマンドです。

(参)ボリューム ライセンス認証情報を取得するための Slmgr.vbs オプション(Microsoft)
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/get-started/activation-slmgr-vbs-options

このコマンド実施には、管理者権限で行う必要があるため、コマンドプロンプトを管理者として実行する必要があります。
管理者として実行しなければ、右側のように、エラーを返します。

再起動後、右下に表示されるライセンス認証を行ってください!というメッセージが消えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です